不眠症なら

a woman is worry

不眠症に悩んでいる人は世の中にはたくさん居ます。どれだけ仕事などで疲れていたとしても中々寝付くことが出来ないのです。そんな時に重宝するのが睡眠薬です。睡眠薬は使用のし過ぎは体の毒になってしまいますが、用法用量をしっかりと守っていれば、不眠症にとても効果的な方法です。
睡眠薬にも種類があるので、自分の不眠症の症状の度合いに合わせて種類を選んでいく必要があります。この睡眠薬の種類は、作用時間によって分けられています。どんな種類があるのかを見ていきましょう。
主に4つの種類に分けることが出来、超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型の4種類に分けることが出来ます。超短時間作用型は服用してから30分以内に効果が表れ、一時間もすればぐっすりと寝付くことが出来るでしょう。なので中々寝付くことが出来なくて困っているという人にはこの種類の睡眠薬がオススメです。3時間後に睡眠薬の効果は無くなります。
短時間作用型は服用してから1時間以内に効果が表れます。2時間もすればぐっすりと眠れるでしょう。効果は7時間ほど続くので、なかなか寝付けなくて、さらに夜中に何度も目を覚ましてしまうという人にオススメの種類です。
中間作用型は服用してから2時間以内に効果が表れ、3時間ほどで眠ることが出来ます。効果は5時間ほど続くので、夜中に何度も目が覚めてしまう人や、朝早くに目が覚めてしまう人にオススメできる種類です。
長時間作用型は服用してから2時間以内に効果が表れ3時間半ほどで眠りにつくことが出来ます。効果は10時間と長く、朝早くに目が覚めてしまう人にオススメの睡眠薬です。しかしこの種類の睡眠薬は翌日まで効果が持続してしまうので、日中も眠気に襲われてしまう場合があります。