女性に多い病気

a young girl worrying about study

性病は男性の方が感染しているようなイメージがありますが、女性のほうが感染しやすい性病もいくつか存在しています。有名なのはカンジダでしょう。カンジダは男性よりも女性のほうが感染者が多いです。それは何故かと言いますと、女性器のほうがカンジダが繁殖をしやすい構造になっているからです。男性器は体の外についているので、風通しの良い環境にあります。しかし、女性器の場合は体の中にあり、尚且つ膣内は常に一定の水分があります。こういった湿気のある環境ではカンジダが活発に繁殖していってしまうのです。
カンジダの恐ろしいところは、人生で1度もセックスを経験したことがない人であってもカンジダを発症してしまう危険があるというところです。カンジダの感染者は自己感染者のほうが多いとされています。何故かといいますと、カンジダは常在菌だからです。誰もがもともと持っている菌なので、1度もセックスをした経験がなくても症状が表れてしまうことがあるんです。
しかし、カンジダは普段は繁殖を抑制されています。なので滅多に発症してしまうことは無いのですが、風邪などを引いて体調を崩してしまい免疫力が落ちてしまった時に、カンジダが繁殖していってしまいます。
カンジダの症状は性器や膣内の痒みです。普通に立っていることも出来ないくらいの強い痒みの症状が表れます。男性の場合も同様に性器に痒みの症状が表れます。我慢できずに掻いてしまうと炎症が起きて症状が悪化してしまうので、絶対に掻かないようにしてください。